一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

2017年8月24日~9月2日
24日(木)
25日(金)
26日(土)
千葉支部 道経一体経...
27日(日)
28日(月)
29日(火)
京都支部 例会
30日(水)
31日(木)
1日(金)
奈良経済講演会
2日(土)

長崎支部 青山繁晴先生を囲む会

活動報告
平成29年7月18日
  • 株式会社落水正商店
落水聡一朗

平成29年6月18日(日)、梅雨知らずの晴天に恵まれ、参議院議員の青山繁晴先生を囲む会が長崎市・サンプリエールにて開催されました。
終始熱のこもった青山先生のご講演を、まるで戦国武将が家臣に檄を飛ばすかのような勢いを感じる中で拝聴させて頂きました。

ご講演のキーワード「祖国」~現代日本において、「祖国」という言葉を使えば、すぐさま右翼と言われるでしょう。しかしながら、先生は戦争末期の硫黄島での戦いを例に出し、反論されておりました。戦争末期で軍人がいない中、ほぼ一般人のみで構成された部隊に与えられた命令は自決をせずにただ耐え忍ぶ事でした。少しの間でもアメリカ軍の本土侵略を遅らせる事ができれば、その分だけ本土の女性や子どもが生きる事ができる~どこに私利私欲が介入できたのかという事です。世界の中で「祖国」を教えないのは日本だけだ、と嘆いておられました。

また、武家に生まれた先生は、自分のために刀を抜く事は許されず、他人のために刀を抜きなさいと教えられたそうです。確かに過激なご発言もあるかもしれませんが、人のため、祖国のために、本当に一生懸命活動されており、意に則さない事に対しては、相手が誰であろうと異を堂々と唱える姿勢には、圧倒される本気度を感じました。政治、経済のお話以上に、先生が仕事に取り組む姿にたくさんの事を教えて頂けた一日でした。

コラム

日本道経会理事を拝命して

この度日本道経会の理事並びに滋賀支部代表幹事を拝命させて頂くことになりました。本年76才を迎えましたが、高齢の理事および代表幹事で皆様には申し訳ないと思っておりますが、お役に立てます様に務めてまいりますので宜しく御願い申し上げます。 私がモラロジーの教学と出会いましたのは昭和62年頃だと思います。子供の事、家庭の事、そして何よりの関心事は仕事をどうしていくかでした。 私は13歳の中学生の頃より滋賀県の北部の田舎から叔父のいる彦根の町で育てて頂く事になりました。中学校卒業と...続きを読む