一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

2017年10月18日~27日
18日(水)
東京支部 10月講演...
19日(木)
20日(金)
21日(土)
22日(日)
23日(月)
24日(火)
25日(水)
26日(木)
27日(金)

平成29年度助成制度のご案内

ご案内
2017年10月02日
  • 一般社団法人日本道経会 会長
田原 道夫

一般社団法人日本道経会は平成27年度より「道徳経済一体〈道経一体〉事業」に対して、助成金を支出することになりました。

その趣旨や詳細はリンク先の「助成のご案内」および「募集要項」をご覧下さい。
申し込みの締め切りは本年12月31日です。

多数のみなさまの応募や推薦をお待ちします。

経済講演会を開催

活動報告
平成29年10月10日
  • 大和中央陸運株式会社
辰巳貴昭

平成29年9月1日(金)16時30分より橿原ロイヤルホテルにて、麗澤大学経済学部長・教授の下田健人氏を講師にお迎えして、会員他110名の参加で経済講演会を開催いたしました。

演題は「大学教育と道経一体」として、大学教育の現状と課題、その課題を克服するために道経一体の原理とを結び付けるご講演をしていただきました。

【講演要旨】
1、大学教育の現状と課題
財務省が定員割れの私立大学に対し、国からの補助金の減額・停止を検討している。私立大学は全国に約800校あるが、その4割が定員割れの状態である。また、このまま少子化が進むとその傾向が促進される。

2、戦略の立て直し
普通の大学を目指していてはいけない、オンリーワンの大学を目指す。そのためには、教育理念を再確認することで独自性を追
求する。
麗澤大学の教育理念は「知徳一体」であり、経済学部の教育理念は「道経一体」である。

3、道経一体に基づく独自教育
麗澤大学とモラロジー研究所、日本道経会が一体となり、道徳経営特論の講座を設置しテキスト『徳づくりの経営』を授業で使用する。

また、下田教授のもと「道経一体経営」、「事業承継」、「三方よし」をテーマとする自主企画によるゼミを開設し、学生たちが積極的に意見交換できる環境を作る。
大学の役割は何なのか?それは、社会的役割として徳を中心とした教育を行うことである。

ご講演の後は、下田講師を囲んで懇親会を行い、和気藹々とした意見交換がなされ、非常に有意義な時間を過ごすことができま
した。

コラム

京都支部代表幹事を拝命して

京都支部前代表幹事の川勝康行氏の後任として、今年度より代表幹事を務めさせていただくこととなりました。まだまだ浅学非才ではありますが、ご先輩、仲間、後輩の皆様に助けられながら、自身の成長とともに道経一体を学ぶ同志づくりを京都に広めたいと思っ ています。 さて、日本道経会発足年の1999年。時を同じくして私はその年6月に急逝した父の後を受け継ぎ、準備も心構えもないまま弊社の3代目社長に就任しました。当時69才の父の後姿は、社業に、地域業界団体に、ロータリークラブに、京都のモラ...続きを読む