一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

2018年4月25日~5月4日
25日(水)
石川・富山支部総会
26日(木)
27日(金)
28日(土)
29日(日)
30日(月)
1日(火)
2日(水)
3日(木)
4日(金)
第15回海外研修のご案内

経済講演会を開催

活動報告
平成30年4月11日
  • 実行委員長
中村 貞之

平成30年3月10日(土)、四日市都ホテル3F鈴鹿の間にて、CNS地方創生ネットワーク株式会社取締役会長の野本良平氏をお迎えして、経済講演会を開催しました。

聴講者は、会員含め98名。今回の機会を得たご縁は、三重支部の中西代表幹事と千葉支部の光安代表幹事と講師のお兄様である野本廣之様、そして本部事務局の能勢様のつながりの中、実現したもので、心より感謝いたします。

講演テーマは、「水産流通イノベーション・あなたの一歩が未来を変える」と題し、一部は水産資源・漁業のあり方のデータ・統計・資料に基づき、日本の水産業の実態をお聞きしました。残念なことに現在漁業は低所得、高齢化、また成魚になっていないものまで獲るという乱獲で魚が減り衰退に向かっているという状況をお聞きし聴講者の多くはショックを受けたことだと思います。

本題の流通革命のお話では、羽田空港の一般立ち入り禁止地域に羽田市場は常設され、直接漁師さんから仕入れ空輸し中間手数料を省くことで品質のよいものを適正価格で販売する流通を確立され、個別ニーズにも対応できる常識を覆す発想に驚かされました。
現在問題になっている乱獲についても捕獲規制の変革はいろいろな利権や歴史文化の影響があり難解ではありますが、この流通革命にて漁師さんの活性化につながるものにしていきたいという野本講師の熱意から、並々ならぬご努力で許認可申請・漁師さんとの交渉・販売先との商談を一つ一つ解決をされ、諸問題にチャレンジされる講師の行動に心躍る気持ちになりました。

講演終了後、懇親会を開催し35名の方が出席されました。愛知支部の鈴木代表幹事よりご挨拶と講演会の感想を述べて頂きました。
会場の雰囲気は、公設北勢市場の方々、また尾鷲漁業関係の若手の方も遠方より参加され、活発な懇親会場になりました。

コラム

支部事務局紹介

【福岡支部】 福岡支部事務局は株 式 会 社 ダイキョープラザ様の本 社内にあり、現在4名にて事務局を運営しております。 4名それぞれが本業の傍ら事務局を担当しておりますが、中島代表幹事のご指導の下、和気あいあいと運営しております。当支部は現在131社の会員企業様がいらっしゃいます。 年間の活動は、4月の総会に始まり全体例会、道経一体経営セミナー、新春の集い、大型経営セミナー等、年間6回の事業活動です。福岡支部の会員は約三分の一が他県に所在しておりますので、地域ごとに8...続きを読む