一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

2018年5月23日~6月1日
23日(水)
24日(木)
25日(金)
大阪互敬塾 例会
26日(土)
27日(日)
28日(月)
石川・富山 例会学習...
29日(火)
30日(水)
31日(木)
1日(金)
第15回海外研修のご案内

東京支部 総会記念講演会を開催

活動報告
平成30年5月10日
  • エンゼルフーズ株式会社
安井 敏三

平成30年4月11日(水)、京王プラザホテルに於いて、税理士法人古田土会計代表社員の古田圡 満氏をお迎えして、「人を大切にする『経営計画書』の作り方」と題し、支部総会後の特別記念講演会が開催されました。

【講演要旨】
「経営理念 志・全社員で共有するもの」
会社は社員を守る。社員は家族を守る。古田圡講師が経営する税理士事務所では、2つの大きな理念を掲げています。

1つ目は「社員の幸せを追求し、人間性を高める」
最初に掲げられているのは、会社は社員と家族を一生守る、この事を全従業員と約束するというものです。そして怪我や病気の時に社員や家族を守る為に利益を上げていくという事です。これは会社で一番大切なのは社員とその家族であるといった考えを実践していく為にとられている方法です。その他にも「よい習慣を身につける」「常に考え行動する」等を通じて人間性を高めていきます。

2つ目は「お客様に喜ばれ、感謝される」
原理・原則にのっとった経営、つまり人を大切にする経営に導く事、また数字に強い経営者・幹部・社員を育てるという事を理念として共有しています。

「人が幸せになるために会社がある」
人としての資質を高める会社は人間性を高める場所。人間性は苦労して初めて磨かれていくものなので、苦労する事を生き甲斐とします。自分が幸せになるためには、自分以外の多くの人を幸せにすることですが、人は習慣により自分本位になってしまいます。この習慣を変えるためにも経営理念が必要、としています。具体的には行動を変えることであり、行動を変える為には繰り返しの力である挨拶と掃除が大切、という事です。また、現代は利益ではなく理念が評価される時代です。数多ある長寿企業を見ると、いずれも利益本位ではない経営理念を掲げているそうです。そして、人はなぜ働くのか、それは目の前にいる人に喜んでもらう為であるとしています。その為に経営者は時代に合わせてやり方を変えていく必要がある、事業を承継していかなければならないとしています。

【講演感想】
今回の講演をお聞きし、古田圡講師の話の端々に、従業員に対する愛情を感じました。その中でも、初任給にまつわる「しきたり」には特に感銘を受けました。それは、新卒社員が初任給をもらうと両親にプレゼントを贈る為、会社から休暇を与えられるというものです。そして、両親に対して「いままで22年間ありがとうございました」とお礼の言葉を述べるそうです。まさに「社員とその家族の幸せを追求する」という理念そのものであると感じました。その素晴らしい理念に共感し、自分もお客様の幸せの為に尽力したいとの思いを強くした講演会でした。ありがとうございました。

コラム

支部事務局紹介 京都支部 長崎支部

京 都 支 部 こんにちは。京都支部事務局の中田です。 京都支部の事務局は(株)イシダの本社内に置かれており、イシダの社員の私が事務局長を拝命しております。会社の通常業務もあり ますので、60歳を超えた嘱託の身には、お陰様と思いながらも中々多忙な日々を過ごしております。 さて、平成11年(1999年)の設立時は「京滋支部」として活動が始まり、平成23年(2011年)に京都と滋賀が分離独立して現在に至っております。今でも滋賀支部との交流事業は年に数回は続いています。 ...続きを読む