一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

2018年12月10日~19日
10日(月)
11日(火)
南九州支部懇親例会
12日(水)
大阪互敬塾 忘年会
13日(木)
長崎支部例会
14日(金)
15日(土)
16日(日)
17日(月)
茨城・栃木支部12月...
18日(火)
19日(水)

平成30年度助成制度のご案内

ご案内
2018年10月01日
  • 一般社団法人日本道経会 会長
佐藤 進

一般社団法人日本道経会は平成27年度より「道徳経済一体〈道経一体〉事業」に対して、助成金を支出することになりました。

その趣旨や詳細はリンク先の「助成のご案内」および「募集要項」をご覧下さい。
申し込みの締め切りは本年12月31日です。

多数のみなさまの応募や推薦をお待ちします。

講演例会を開催《長崎支部》

活動報告
平成30年11月12日
  • 広報委員長
石橋 政典

平成30年10月11日(木)、長崎新聞社文化ホールアストピアにて10月例会を開催しました。

講師に、本年度より日本道経会の会長にご就任された佐藤進様をお迎えして、「道徳経済一体経営を目指して」というテーマでお話しいただきました。

今回のテーマの「目指して」は、自身はまだ進行形で実現をしていないので・・・と。穏やかな口調で解かり易い話に会員の皆様は引き込まれたように真剣に拝聴されていました。

「道徳経済一体経営」を実現する為に自身の会社をモデル企業として、モラロジーの教えを社員教育に取り入れているそうです。

「道徳の実行」という言葉を繰返し使っていました。「企業経営を通しての人づくり」は、道徳の実行の積み重ねである、というお話には感銘を受けました。人は世に生かされていると思い、常に謙虚な気持ちを抱き、人の為に尽くす事が世のために繋がり、結果、社会貢献活動となる。言葉では簡単ですが、実際に実行できるのは難しいと思います。日々をそういう気持ちで過ごすと違う人生があると考えさせられました。

また、社是に道徳の実行を表しているという話では、企業の為の人づくりは、社員の幸せの為の人づくりを意味しており、社員一人一人の品性向上を企業として社是に取り入れている事にも感動しました。

「宥坐の器」の教えの話もしていただきました。私は日本道経会に入会して、この教えを教訓として過ごしています。自身の器を大きくしながら、時流に応じた商いをする事、つまり、道徳と経済のバランスを意味しているものであり、どんどん器を大きくしていきたいと改めて気持ちが高まりました。

講話では幾つかのモラロジーの格言の話を頂き、「途中困難最後必勝」を座右の名としているそうです。人生はマラソン。企業経営は駅伝。

企業の存続と繁栄には人づくりが重要で、バトンをタッチされた人の教育と育成が大切である、と後継者の息子さんへの思いが伝わってきました。我が長崎支部の原先生が教育指導役として任されているそうです。そんな凄い方が所属する長崎支部の会員として学べるのは幸せであります。

佐藤会長の器の大きさを感じさせられ、また企業経営において沢山のキーワードとヒントをいただいた貴重な例会でした。

また、高知県より3名のモラロジービジネスクラブの会員の方が参加されました。高知県にも一日も早い、日本道経会の支部発足を期待しています。

例会後の懇親会では、佐藤会長と会員一人一人が名刺交換や記念写真を撮り、大いに盛り上りました。

コラム

支部事務局紹介

三 重 支 部 三重支部は会員企業17社の小さな支部ですが、年に一度の経済講演会をはじめ、テキスト『徳づくりの経営』を使用しての勉強会や各地区担当が主催する例会、また愛知・岐阜・三重の3支部合同による事業なども行っております。 私は大学卒業後、中堅ゼネコンでサラリーマンとして働いた後、祖父、父と続いた家業を継ぎました。結婚間もない頃、工事作業中の注意で高所から転落し大怪我を負ったのが始まりで思いもよらぬ出来事が次から次へと起こりました。また、採用しても定着しない社員による...続きを読む