一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

2018年12月10日~19日
10日(月)
11日(火)
南九州支部懇親例会
12日(水)
大阪互敬塾 忘年会
13日(木)
長崎支部例会
14日(金)
15日(土)
16日(日)
17日(月)
茨城・栃木支部12月...
18日(火)
19日(水)

平成30年度助成制度のご案内

ご案内
2018年10月01日
  • 一般社団法人日本道経会 会長
佐藤 進

一般社団法人日本道経会は平成27年度より「道徳経済一体〈道経一体〉事業」に対して、助成金を支出することになりました。

その趣旨や詳細はリンク先の「助成のご案内」および「募集要項」をご覧下さい。
申し込みの締め切りは本年12月31日です。

多数のみなさまの応募や推薦をお待ちします。

経済講演会を開催《奈良支部》

活動報告
平成30年11月12日
  • 事務局長
原田 晋一

平成30年9月28日(金)、16時より経済講演会を、ホテル日航奈良にて開催致しました。

参加者は110名、南阪本代表幹事の挨拶の後、日本道経会の紹介DVDの上映。

講師は坂本光司氏(人を大切にする経営学会会長・元法政大学大学院教授)で、「人を大切にする経営」と題してご講演頂きました。

【講演要旨】

企業経営の目的・使命は、1. 関係する人々の幸せの追求・実現。2. 関係する人々が自分たちは大切にされていると実感する経営。3. 社会的責任を果たす。業績は目的・手段でしかなく、多くの会社は手段が目的になってしまっている。

社長というのは「社長という役割を担っている社員」であり、経営者としての役割は会社の向かうべき方向を明確にして決断する事。そこでの判断基準は社員の幸せに繋がる道かどうかということ。そして社員のモチベーションを高めることのできる環境をつくること。

  • 急成長、急拡大経営ではなく、会社の成長は社員の成長の総和なのだから急成長というのは不自然。低成長でも少しずつが望ましい。
  • 価格競争に巻き込まれず、非価格で競争すべき。
  • 価値のあるもの、本物には時間がかかる。
  • 社員を成長させるには、教育訓練に多くの時間とお金を使うべき。目安としては社員一人あたり平均年間10万円の予算をかける。または所定内労働時間の5%。
  • 社員同士に競争させるな。良い会社は年功序列。

お話を聞くと無理だと思ってしまうようなことも多いですが、詳しく聞かせていただくことでなるほどと思える事ばかりでした。

余談ですが、たびたび日本道経会のDVDの中身にも触れて頂き、我々が提唱している考え方と坂本先生の考え方がとても近いものだという印象を強く受けました。あっという間の90分の講演終了後、懇親会の後20時に散会しました。

コラム

支部事務局紹介

三 重 支 部 三重支部は会員企業17社の小さな支部ですが、年に一度の経済講演会をはじめ、テキスト『徳づくりの経営』を使用しての勉強会や各地区担当が主催する例会、また愛知・岐阜・三重の3支部合同による事業なども行っております。 私は大学卒業後、中堅ゼネコンでサラリーマンとして働いた後、祖父、父と続いた家業を継ぎました。結婚間もない頃、工事作業中の注意で高所から転落し大怪我を負ったのが始まりで思いもよらぬ出来事が次から次へと起こりました。また、採用しても定着しない社員による...続きを読む