一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

2019年7月18日~27日
18日(木)
19日(金)
20日(土)
21日(日)
22日(月)
23日(火)
24日(水)
25日(木)
26日(金)
27日(土)
道経一体経営セミナー...

モラルBIZ研修会を開催【神奈川支部】

活動報告
令和元年7月10日
  • 総務委員長
齋藤 正一

令和初となる例会が6月18日(火)ホテル・ザ・ノット ヨコハマにて開催されました。

公益財団法人モラロジー研究所広報出版部より佐野和隆氏をお招きして「モラルBIZ活用術」と銘打ち、実際に同研究所より毎月発行されている研修誌「モラルBIZ」を使い、参加していただいた会員に研修を体験していただきました。

研修に使用したのは「モラルBIZ」の2019年6月号でしたが、佐野講師の一通りの説明の後、テキストの内容に沿って参加者3,4人のグループに分かれてディスカッションを行います。今回使用した6月号のテーマは「お客様を選んでいいの?」で、多種多様なニーズを持つお客様に対して「顧客満足」を考えるものでした。あるスポーツジムでのエピソードを基に、グループごとに話し合い、最後に参加者全員で様々な意見を共有するという研修です。決して正解というものはなく「そういう考えもあるのか」と気付かせていただく良い機会となりました。また、社員研修用となる「モラルBIZ」だと思っていましたが、参加者全員が「顧客満足」について真剣に考え、そして楽しそうに議論を交わしてる姿は、皆様の日頃のお客様に対する想いの丈のように思えました。

今回の機会をいただき、「モラルBIZ」を使った研修が「考え、行動できる」ことのできる社員を育成する大変よりプログラムだと感じました。是非一度皆様もこの研修を体験することをお勧めいたします。

コラム

恩寵的試練を感謝で受けとめる

平成31年4月より三重支部の代表幹事を仰せ付かった木本年縷(きもとみのる)です。 私はモラロジーを聞いて45年程になりますが、振り返ると、良い話を聞いて自己満足している自分でしたが、モラロジー鈴鹿中央事務所の吉田髙男代表世話人から、「モラロジーを聞いて不幸な人はたくさんいるが、モラロジーを実行して不幸な人はいない」と言われて数年立ちました。なかなか実行が伴いませんが、平成30年6月に静岡県の畑毛記念館名誉館長の山本幾雄講師による講話の中で、代表世話人から言われたことは「神様...続きを読む