一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

2016年12月3日~12日
3日(土)
4日(日)
5日(月)
6日(火)
7日(水)
8日(木)
9日(金)
茨城・栃木支部 道経...
神奈川支部 忘年例会
長崎 例会
10日(土)
11日(日)
12日(月)

神奈川支部 視察研修旅行を実施

活動報告
2016年11月10日
  • 事業部会長 
佐谷 欣一

平成28年10月14日(金)~15日(土)「手延べそうめん・揖保乃糸」で有名な兵庫県たつの市にある、森口製粉製麺㈱様へ会員17名で視察研修にお伺いいたしました。
曽祖父の代からモラロジーとのかかわりが深い会社と言う事で、社訓には三方よしが飾られ、訓戒には宥座の器と書かれた額がかけられていました。
森口社長の貴重なお話をお聞きした後に工場見学をさせて頂きました。ネット帽子をかぶり、手洗いをしっかりして、エアー室を通過すると作業場に入場出来ます。しっかりとした品質管理が行き届いた作業場です。

「手延べそうめん・揖保乃糸」の製法は11個もの工程があるのですが、一つ一つを社長自ら実演し説明をして頂き、手間暇かけて作られる、そうめんの奥深さを感じました。
社員の皆様にも笑顔で接していただき参加者一同、三方よしを感じ、感謝をした視察研修でした。

その後、揖保乃糸  資料館「そうめんの里」でそうめんの昼食を頂き、神戸港から船に乗りサンセットクルーズを行いました。15日は早朝から竹田城に登り、ボランティアガイドさんの軽快で分かりやすい説明の中、400年前から変わらない穴太積みの石垣を散策しました。
その後、姫路に向かい、あなご料理を堪能した後、お色直しをした別名「白鷺城」と呼ばれる、姫路城を見学しました。日本で初めての世界遺産に登録された姫路城はとても美しく圧巻されました。

今回の研修旅行は17名と今までにない、沢山の皆様にご参加を頂きました。
2日目は山登りや見学が多く、14,000歩くらい歩くなど、皆様には大変なご苦労をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。
森口社長や従業員の皆様、参加頂いたメンバーの皆様にご協力を頂き無事に2日間の行程を終了することが出来ました。
本当にありがとうございました。

コラム

道経一体を実践する支部を目指して

日本道経会・佐賀支部の発足時より代表幹事をお務めいただきました竹下敏昭氏の後を受けて昨年4月より代表幹事の大任を仰せつかりました。 佐賀支部は、1,2年の準備委員会を経て、平成13年に発足いたしました。会員数は佐賀、長崎の合同で40名程で相互交流の形で支部運営をしておりました。 平成18年に長崎支部さんは佐賀支部より独立され、その後長崎支部さんは会員拡大を推進され、今では100社に迫る勢いです。一方我が佐賀支部は、毎年会員が減り続け、今年度のスタート時には11社まで減って...続きを読む