一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

2017年2月25日~3月6日
25日(土)
滋賀支部 道経一体経...
26日(日)
27日(月)
28日(火)
1日(水)
2日(木)
3日(金)
4日(土)
千葉互敬塾セミナー
5日(日)
廣池千九郎生誕150...
6日(月)
福井互敬塾 経営セミ... 石川・富山支部 道経...

東京支部 新春経済講演会を開催

活動報告
平成29年2月13日
  • 東京互敬塾 
新保 公英

平成29年1月18日(水)、新宿京王プラザホテルにおいて、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授の楠木 建氏を講師にお迎えし、新春経済講演会を開催しました。会員・ビジター合わせて約80名の参加で、会場はほぼ満席で盛況でした。

【講演要旨】
演題:「ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件」自然科学は決められた法則があるが、経営(戦略)とは限りなくアートに近いもので、自然現象ではない。他社との違いを作ることが必要である。

楠木建氏の著書である「ストーリーとしての競争戦略」とは一言で言うと、「当たり前のことを当たり前にやること」である。これが現実の商売になると当たり前のことがなかなかできないのである。企業の戦略のゴールは利益の確保である。あくまで利益が極大化すべき目標である。追求すべき目標として顧客満足があり、企業の一番の社会貢献とは稼いで納税をすることである。トヨタは法人税を一兆円納めている。このことが何よりの社会貢献であるといえるであろう。ファーストリテイリングの年度方針は「儲ける」である。経営の神様である松下幸之助も同様のことを言っている。

企業と事業はイコールではなく、企業は長期利益を上げることを目的としている。会社はフィクションであり、稼ぐ力のリアリティーは事業にある。あくまで事業が主であり、会社が従である。会社が前に出過ぎると、東芝のようなことになってしまうのである。あくまで、一つ一つの事業が稼ぐ力となるのである。企業は競争戦略を手段として長期利益を確保するのである。競争戦略の基本理論とは、競合他社との違いを作ることである。他社との違いを作ることで、選ばれるのである。

ストーリーとしての競争戦略とは、「違い」を作って、動画としてつなげることである。このように、戦略とはストーリーになっていなければならないのである。戦略は組み合わせではなく、順列である。元プロ野球の投手である山本昌は、決して速い球ではなく、早く見える球を投げていた。これがプロの投手の生命線である。戦略ストーリーは時間的な奥行きと広がりが必要である。球技で言うとテニスよりもバトミントンの方が時間が長く、戦略がものをいうのである。違いの正体は個別の構成要素ではなく、総体としてのストーリーである。この時間展開であるストーリーを作ることが経営者の仕事である。

商売の基であるコンセプトは何かが重要である。アマゾンのコンセプトは購買意思決定のインフラである。スターバックスのコンセプトは場所を売っているのである。見たまんまではなく、本当のところ、何を売っているのかが大事である。全員に好かれる必要はない。

スターバックスは第三の場所の提供である。家庭や職場ではなく、避難所として30分ゆっくりしてもらうというコンセプトである。コーヒーは手段であり、目的ではない。冷めにくくする蓋ができる、音のしない紙コップを使用している。注ぎ口も小さくなっている。商売の肝は他社と違ったことをすることである。部分的には非合理に思えることでもストーリー全体としては合理的なところが賢者の盲点なのである。戦略の玄人とは、一見非合理なことがストーリーに組み込まれているが、この部分は他社が真似をしたくないことで、結果として違いが持続するのである。絶対にうまくいく戦略なんてなく、ひょっとしたらうまくいくくらいのものが良いのである。そこで、自分が一番面白がっているものをコンセプトにするのである。思わず人に話をしたくなるような話をすることであり、戦略とは部分的には不合理に思えることでも全体のストーリーとしては合理的で成り立っているコンセプトを作ることが成功につながるのである。

「動画としてのストーリー戦略」―いかなる場合においても、業種業態に拘らず成功するために必要な条件である。
この度の講演を拝聴し、新たに学ぶことが出来ました。この学びを通じて、今年一年を飛躍の一年にしたいと思います。

コラム

今、問われている資本の品質

商店街の疲弊が指摘されて久しい。埼玉県北部の駅前商店街は、どこもシャッター店が目立ちます。少子高齢化、後継者不在、大型 商業資本の進出などによるものです。 商店街は、これまで、祭り、交通安全運動、運動会など地域コミュニティーを支えてきました。 ところが大型商業資本は地域をベースに日常品ビジネスを展開しているにもかかわらず地域貢献には、全く無頓着で店長には、祭事 に協力する権限すらありません。大型商業資本の最大の欠陥です。 本格的高齢社会の到来を前にして地域コミュニテ...続きを読む