一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

2016年9月29日~10月8日
29日(木)
30日(金)
奈良支部 経済講演会
大阪互敬塾 例会
1日(土)
2日(日)
3日(月)
佐賀経済講演会
4日(火)
5日(水)
6日(木)
7日(金)
8日(土)

道経一体経営セミナー『徳づくりの経営』の勉強会を開催

活動報告
2016年09月12日
  • 事務局長 
森本 信吾

平成28年8月19日(金)18時より、静岡市のクーポール会館にて標記のセミナーを、前日本道経会専務理事で「むげん塾」代表の細野眞氏を講師にお迎えし、『徳づくりの経営』をテキストに「第3章  人づくりの経営」をテーマに勉強会を開催しました。
【講演要旨】
歴史から学ぶことの大切さから、現在開催中のリオオリンピックから大航海時代の背景を見つめ、当時の日本をみると吉田松陰の思想を考えるのがよい。また、天地の法則(万物生成化育の法則)、事業を通して大切なものはなにかについてテキストで確認。人づくりについてテキストから学び、道徳の必要性では教育勅語の精神より12の徳目を日常生活に活かし、道徳心の向上を図ることが大切です。

コラム

一般社団法人日本道経会常任監事を拝命して思うこと

平成28年度全国通常総会におきまして一般社団法人日本道経会常任監事を拝命いたしました。皆様の中には、監事という役割は総会で監査報告をするだけのように考えておられる方もいらっしゃるのではないかと思います。そこで私の自己確認も含め、一般社団法人の監事の役割について整理してみたいと思います。 私は現在、スポーツ系団体の公益社団法人の監事を4年ほど務めており、その間、様々な国際大会への派遣選考、理事会での議案審議、新しい規則や規定の制定等に関わって参りました。その経験から今回、日本...続きを読む

新入会員