一般社団法人 日本道経会

コラム

平成30年度 全国通常総会を佐賀で開催

巻頭言
平成30年6月11日

    平成30年5月18日(金)14時より、一般社団法人日本道経会平成30年度全国通常総会 が、福岡支 部 主 幹 により、嬉 野温 泉・和多屋別 荘で開 催されました。総会出席は576社(110社・委任状出席466社)で、会員総数の73%にあたり、総会の成立が告げられました。
    総会は田原会長が議長となり議事に入りました。平成29年度事業報告が、安田副会長・小野理事・林互敬塾長より、平成2 9 年度 決算が 佐 藤 副 会長より報告された後、田中常任監事より監査報告がなされ、異議なく可決承認されました。

    次に平成30年度の事業計画・本会重点施策(案)を安田副会長、互敬塾重点施策(案)が林互敬塾長より説明され、異議なく可決承認されました。(2P,3Pに掲載)続いて第5号議案として「役員選任に関する件」。本年は役員改選期にあたり、役員選任委員会の安田委員長より選考経緯が説明され「新理事案」が上程され、出席者全員異議なく原案通りこれを承認可決しました。

    そして別室にて新たに選任された理事による臨時理事会が開催され、正副会長・専務理事・常任監事が選出され、総会にて会員に報告されました。(2Pに掲載)
    会長には佐藤  進氏、副会長には新井眞一氏、田中秀文氏、生田泰宏氏、専務理事に能勢千晴氏、常任監事には福田靖久氏、監事に森光孝雅氏が選出されました。そして8年間にわたり会長をお務めいただいた田原道夫様には相談役にご就任頂きました。

    次に「創業周年記念表彰」では、創業150年を迎えられた長崎県の(有)植田瓦工業の植田社長に表彰状が授与され、植田社長から受賞スピーチをいただき、総会は閉会しました。

    ■休憩の後、15時45分より「互敬塾報告」「体験講話」に入りました。
    主管された福岡支部の中島代表幹事より、平成30年度の総会の報告、そして歓迎の開会の挨拶がありました。引き続き、日本道経会が制作費の一部を助成させていただき完成したDVD「事業の本は人にあり、人の本は道徳にあり」が上映されました。
    そして「互敬塾報告」では佐賀の真子支部長より後継者育成セミナーの報告、福岡の木下支部長、長崎の八坂副支部長より活動状況をご報告頂き、最後に窪山副塾長より「道経一体に基づいた互敬塾活動を通し、人づくりしていく」との決意報告があり、終了しました。

    引き続き、地元のテレビで放映された竹下製菓(株)様のビデオが上映された後、竹下真由社長より「私の事業承継~そして次世代に向けて」と題し、体験講話がありました。
    ご自身が社長に就任されるまでの経緯、子育てをされながら社長業をされるご苦労や、新商品開発への妥協の無い取り組み、そして最後に「働きやすい会社環境」のついて取り組まれていることに触れられました。
    事業承継を通し、伝統を引き継いで、新たな商品開発へ妥協無く取り組まれる明るく前向きな姿勢に、参加者は聞き入っていました。

    ■18時より開催された懇親パーティは、田原会長のご挨 拶で始まりました。そして日本道経会名誉会長で、公益財団法人モラロジー研究所および学校法人廣池学園理事長の廣池幹堂様より、ご挨拶を頂戴しました。
    そして佐藤副会長の力強い乾杯でパーティは華やかに開宴し、ジャズ・ポピュラーソングのライブ演奏や、地元・嬉野の不知火太鼓によるアトラクションで大変盛り上がり、会員同士和やかに交流しました。
    安田副会長の閉会の挨拶で、懇親会は終了しました。