一般社団法人 日本道経会

コラム

支部事務局紹介

巻頭言
平成30年9月8日
  • 三重支部事務局長 (有)伊藤鈑金工作所 
  • 岡山支部事務局長 日本植生(株) 
伊藤 豪人/柴田 明典

三 重 支 部

三重支部は会員企業17社の小さな支部ですが、年に一度の経済講演会をはじめ、テキスト『徳づくりの経営』を使用しての勉強会や各地区担当が主催する例会、また愛知・岐阜・三重の3支部合同による事業なども行っております。

私は大学卒業後、中堅ゼネコンでサラリーマンとして働いた後、祖父、父と続いた家業を継ぎました。結婚間もない頃、工事作業中の注意で高所から転落し大怪我を負ったのが始まりで思いもよらぬ出来事が次から次へと起こりました。また、採用しても定着しない社員による横領事件の発生など社内の体質そのものが劣悪でした。

やがて建設業界が低迷し得意先の倒産や廃業などが続き将来が不安になり、家庭の中でも娘が心身的要因から長い不登校になり妻にも大変心配をかけました。このままでは会社も家庭もダメになる、自分自身が変わらなければと悩んでいた頃、熱心に話を聞いて下さる方からモラロジーという学問を教えて頂きました。
妻も母から経理を引き継ぎ一緒に仕事をしてくれていましたのでモラロジーの学びはできるだけ一緒に進めていこうと決め、事務所のセミナーやセンター受講に参加するようになりました。
お恥ずかしい話、決算書も読めない経営者でしたので本部の経営相談室にも幾度と通い指導を受けました。
やがて少しずつではありますが事業も順調な方向に進みだし家庭も落ち着いていき、現在ではニューモラルを社員に毎月配布、朝礼もできるようになり、社員全員でモラロジーのセミナーに参加できるまでになりました。

ここまでこられたのもモラロジーに出会い、日本道経会で業種業態の様々な会員の皆様から教えて頂いた経験や知恵のおかげです。
私は日本道経会に入会当初は会員として参加しておりましたが三重支部が東海支部から分離して独立して以来事務局を拝命し一度は離任、諸事情により再び事務局を預かるようになり2年目になります。おかげさまで今年度は2社の入会、また互敬塾のメンバーも3名増えました。
今後もより一層道徳実行のための学ぶ機会を充実させ、多くの方々に日本道経会の存在を知ってもらい、一緒に学ぶ喜びを実感してもらえるように仲間を増やしていきたいと思います。
これからも多くの諸先輩を見習い、伝統に安心してもらえるよう不十分ながら目指してまいりますので今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。

岡 山 支 部

岡山支部は、平成13年に岡山・島 根 合同の東中国支部としてスタートしました。
その後、会員増加に伴い、平成22年に岡山支部、島根支部としてそれぞれが独立し、現在、岡山支部の会員は16社です。所帯は小さいですが、その分、風通しもよく、フットワークも軽く、会員相互のコミュニケーションがしっかり図れる楽しい支部だと自負しております。

活動は決して活発とは言えませんが、例会や講演会のほか、視察研修旅行を毎年企画しております。昨年は、かねてより念願だった海外視察(スリランカ)も実現できました。研修旅行には、島根支部や地元の会員以外の方にもご参加いただきご好評いただいております。
「研修旅行」は、道経一体を学ぶこととは何の関係もなさそうな企画ですが、非日常の時間を共に過ごすことで、お互いの理解を深め、想いを共有し、それらが刺激となって、皆さんの仕事の糧になっているように感じています。この濃厚な時間が、限られた活動時間を有意義なものにしてくれています。
岡山支部の事務局は、企画運営担当の柴田と事務会計担当の太田富三さんと2名で担当させていただいております。実際の運営は、太田さんに頼ることばかりで、本当に感謝しています。引き続き、会員の皆様に楽しく学んでいただき、少しでも皆様のお役に立てるよう、二人三脚で頑張って参ります。こんな岡山支部ですが、私たちと何か一緒にやってみたいという方がいらっしゃればいつでも歓迎しておりますので、お気軽にお声がけください。