一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和2年9月23日~10月2日
23日(水)
24日(木)
奈 良 経 済 講 ...長崎支部 令和2年9...
25日(金)
26日(土)
27日(日)
28日(月)
29日(火)
30日(水)
1日(木)
2日(金)

「道経一体経営講座」『道経一体経営原論』新刊記念特別講座 開催

巻頭言
令和2年3月10日
  • 一般社団法人日本道経会 事務局長
能勢 千晴

令和2年2月21日(金)~24日(月)に、道経一体経営講座『道経一体経営原論』新刊記念特別講座が、モラロジー研究所・柏生涯学習センターで107名の参加で盛況に開催されました。

日本道経会会員・互敬塾の皆様も多数受講され、「道経一体思想」を自社の三方よしによる人づくりに活かしていこうという受講者の皆様方の熱気を感じた講座となりました。

初日の開講式後には、「AI とは何か」と題し、麗澤大学経済学部長の上村講師による基調講演が行われました。

そして新テキストによる講義が、執筆者の田原道夫講師、永冶達彦講師、藤井大拙講師を中心に展開されました。

「経営体験特別講話」として関東地区に中華食堂チェーン「日高屋」を展開する㈱ハイディ日高・代表取締役会長の神田 正様にご講演いただきました。大変ご苦労された幼少時代より現在に至るまでを時々のエピソードを交えながらのお話は、聴講者の心に沁み入りました。「お金もない、学歴もない、だからここまで来られた。私は本当に運が良かったですよ。」と静かにかたられる飾らない口調に、神田様のお人柄を感じました。出店戦略は、「他と逆をいく」として出店は郊外ではなく駅前とするなど、綿密に練られかつ経験と勘に裏づけられたものであること、をお話頂きました。

また2月22日(土)の午後に開催された「互敬塾海外情報ゼミ」の今年のテーマは「中国ビジネス」として、麗澤大学の先生方や院生の方々も参加され、総勢30名ほどのゼミとなりました。

パネリストとして次の3名にご登壇いただきました。① ㈱プロアシスト代表取締役の生駒京子様、② ㈱ECマーケティング人財育成代表取締役の石田麻琴様、③生田グローバル㈱代表取締役の喬琳様。コーディネーターは互敬塾副塾長の濱口武様(トーホー㈱常務取締役)。

また第2部では、麗澤大学大学院経済研究科の任 沢田氏による中国ビジネスにおける商品販売の普及と課題について、プレゼンテーションと質疑応答がありました。

このゼミは互敬塾と麗澤大学の良き交流の場として、広まり続けています。

日本道経会の目的は、「会員が道経一体思想を学び、実践し、社会に広める」ことです。

次回は令和2年7月9日(木)~12日(日)に開催予定です。

日本道経会会員、互敬塾塾生の多くの皆様のご受講を、心からお待ちしております。

コラム

「もちこたえる力」が試される時

東京オリンピックの開催が2021年に延期と発表となり、安堵すると共に選手はもとより、複雑に絡み合う利害関係者の調整に困難が来すことが必至の情勢です。 どのように日本的三方善が図られるのかが注目されることにもなります。 コロナウイルスインパクト。世界が未体験ゾーンの「まさか」に見舞われています。 今朝方、ピークアウトしたと思われる中国のお客様から「日本が大変な時だから」と言ってマスクが1,000枚送られてきました。いずれ近いうちに終息するという前向きなエールと...続きを読む