一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和2年11月26日~12月5日
26日(木)
27日(金)
三方よし経営勉強会
28日(土)
29日(日)
30日(月)
1日(火)
2日(水)
3日(木)
4日(金)
5日(土)

【奈良支部】講演例会を開催

活動報告
令和2年11月16日
  • 奈良支部
前田 晋也

令和2年10月16日(金)17時より、ホテルTHE KASHIHARAにて10月例会を49名の参加で開催いたしました。

冒頭に油谷代表幹事から挨拶後、株式会社平成建設の吉崎真仁氏より会員スピーチをして頂きました。創業80年の歴史や、創業者である祖父からの教えなどについてお話くださいました。

そして、愛知より有限会社カミハギサイクル取締役会長の上萩洋三氏をお迎えしてご講演頂きました。創業から約1年後、突然中学生である上萩講師が家業を継ぐこととなった壮絶な創成期、多くの苦労を乗り越えてこられたプロセスと、心の持ち方についてお聞かせ頂き大変感銘を受けました。

講義の中では、廣池博士のお言葉なども沢山ご紹介頂き、特に「人生はかけ算だ、どんなにチャンスがあっても、キミがゼロなら意味がない。」と云う言葉も教えて頂き、道徳の必要性を強く感じました。

また、多くの組織で採用されている “ピラミッド型”組織ではなく、ピラミッドを逆さまにした状態の“コマ型”組織をご紹介され、経営者こそがコマの軸部分になり、回り続けないと安定しない“コマの原理”を経営に活かすべきであると云うことや、踏まれても、踏まれても、たくましく横に伸びる“雑草経営”についてもご解説頂くなど、道経一体経営の重要性について改めて認識を深めさせて頂く機会となりました。

コロナ禍の影響を鑑み、残念ながら、懇親会は開催出来ませんでしたが、ソーシャルディスタンスを確保しながら、集合形式による例会を開催することができたことは大きな成果であったと思います。

コラム

新しい日常の自分(ひと)づくり

令和2年4月に新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、緊急事態宣言が全国的に発令され、国民・企業・事業者に対し感染拡大の防止に向けた行動を強く推進するよう呼びかけられた結果、今までのビジネスの流れが一変いたしました。 ビジネス商談の中心が、ウェブによる活動に移行され戸惑いを覚えている経営者の方々も多いのではないでしょうか。 しかしながら、会議やミーティングの手法が変わるだけで、人と人のつながりや信頼関係に変化があるわけではありません。 最近の電子機器を操作...続きを読む