一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和元年12月7日~16日
7日(土)
8日(日)
9日(月)
10日(火)
11日(水)
12日(木)
13日(金)
14日(土)
15日(日)
16日(月)

令和元年度 助成制度のご案内

ご案内
2019年10月01日
  • 一般社団法人日本道経会 会長
佐藤 進

一般社団法人日本道経会は平成27年度より「道徳経済一体〈道経一体〉事業」に対して、助成金を支出することになりました。

その趣旨や詳細はリンク先の「助成のご案内」および「募集要項」をご覧下さい。
申し込みの締め切りは本年12月31日です。

多数のみなさまの応募や推薦をお待ちします。

道経一体経営セミナーを開催【岡山支部】

活動報告
令和元年10月10日
  • 事務局長
柴田 明典

令和元年9月7日(土)、日本道経会道経会専務理事(兼)事務局長の能勢千晴氏を講師にお迎えし、「企業の繁栄は人づくり経営にあり」というタイトルで道経一体経営セミナーを開催しました。ご自身の経営体験のお話もいただき、臨場感ある内容に聴講者一同、強く感じるものがありました。また、本部と岡山支部の直接のコミュニケーションを図ることができ、今後の運営や活動についてのよい意見交換ができました。

【講演趣旨】

第1講 人づくりの経営

道経一体経営の究極的目標は人をつくることである。モラロジーの基本はすべて自分がスタート。したがって、「人づくりは自分づくり」から始まる。トップ自らが本気で学び、自分づくりをする覚悟を持つことがすべてのもととなる。すべてのことの原因を自分に求め自己反省をし、品性を高める姿勢を持たなければ人づくりはできない。また、人を大切にする会社でなければ生き残れないということは、坂本光司先生(人を大切にする経営学会)の研究でも実証されている。「孝は百行の本なり」を実践すること。人に安心してもらう、ここで働きたいと思ってもらうことが大切。すべての根本は、経営者自身の品性にある。

第2講 歴史づくりの経営(講師の体験談)

能勢講師は、家業の老舗書店の経営をされるも、経営破綻となる。経営破綻は自らの経営判断の誤りであり、慢心や老舗の驕りにあった。加えて、自らをチェックする機能がなかったことを反省。絶対的な権限と責任がある経営者は、定期的に心の洗濯と棚卸が必要である。一方で、この経験により、多くの方に支えられてきたことに気づかされた。

モラロジーでは、大自然の法則にあった生き方をしている会社や人生が、結果的に幸福になることを科学的に教えている。経営に携わる人は学びの機会を得る度にこれを思い出す必要がある。また、先人の思いを次世代に送る役割があり、それは徳を継承すること。「自ら運命の責めを負うて感謝す」の格言の通りこれからも学び続ける。

コラム

令和元年度海外研修旅行「学術都市ボストンとニューヨーク」を実施①

日本道経会視察旅行を終えて 10月8日(火)、清々しい朝を迎え、佐藤会長を中心に総勢12名と少人数ではありましたが、いざニューヨーク・ボストンへと旅立ちました。 最初に訪れたのは、ボストンです。ボストンはアメリカ独立戦争の発端の地となった街で街並みはレトロな建物が多く、落ち着いた都市です。そして訪れたのはボストンの隣にあるケンブリッジ市であのジョン・F・ケネディも学んだと言う名門ハーバード大学のキャンパスを散策し、当時の面影が残った教会や図書館の前でそれぞれ記念写...続きを読む