一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和2年2月21日~3月1日
21日(金)
22日(土)
23日(日)
24日(月)
25日(火)
26日(水)
27日(木)
28日(金)
29日(土)
1日(日)

第8回 互敬塾全国大会in大阪を開催(1)

活動報告
令和元年12月10日
  • 大会委員長
小野 謙治

令和元年11月8日(金)、秋晴れのすがすがしい晴天に恵まれ、大阪市中央公会堂において第8回互敬塾 全国大会in大阪が開催されました。全国から約250名もの塾生、ならびに会員の皆様方にご参集をいただけたのも、多くの皆様方のご支援の賜物と心から御礼申し上げます。

これまで私が覚えている限り実行委員と20回以上の打合せを重ね、それ以外にもビデオの作成、各支部へのPR告知巡回、各分科会毎の打合せなど、実行委員の皆様には本当にご苦労いただきました。打合せを重ねるたびに実行委員からアイデアが湧き出し、それを具現化するプロセスの中で互敬塾生は、なんと気持ちのいいメンバーが揃っているんだ、と感じることがありました。こんなに気持ちのいいメンバーと一緒に勉強ができる互敬塾生はつくづく幸せ者だと・・・。

私はもうじき卒塾を迎えますが、この全国大会を機に会社の幹部にも実行委員メンバーに加わっていただき、会社として互敬塾の引継ぎを済ますことが出来ました。

互敬塾全体の課題として50歳を迎え卒塾される塾生の数が毎年50名ほどおられます。ぜひご自身と共に会社の経営幹部に入塾いただき経営基盤の強化に互敬塾を利用されることを強くお薦め致します。

最後に、今回の全国大会開催にあたり全ての関係者の皆さま、大阪互敬塾の支部長を歴任された諸先輩方、これまで支えていただきまして本当にありがとうございました。

コラム

自然からの警告! 危機管理を考える!

昨年暮れに発生した、中国の武漢市からの新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が加速し、世界各地に広がりつつあります。隣国の我が国でも武漢に滞在していた日本人や現地からの旅行者・2次感染者もおり、人口が1,100万人の大都市での発生で、これから先がどのようになるのか予断を許さない状況にあります。幸いにも日本政府の移動禁止措置が取られた武漢からの日本人帰国については、行動が早かったと思っています。 この事を考えた折、武漢市及び中国政府の情報開示に当たって、まさかこんなにまで...続きを読む