一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和2年2月22日~3月2日
22日(土)
23日(日)
24日(月)
25日(火)
26日(水)
27日(木)
28日(金)
29日(土)
1日(日)
2日(月)

第8回 互敬塾全国大会in大阪を開催(3)

活動報告
令和元年12月10日
  • 近畿エリア担当 副塾長
濱口 武

全国から200名を超える互敬塾の仲間たち、また日本道経会大阪支部の先輩方やモラロジー研究所の方々にもご参加いただき、担当副塾長として心より感謝申し上げます。

本年は日本道経会設立20周年という記念の年で、5月に日本道経会全国総会、そして互敬塾全国大会も大阪の地で開催出来ましたのは大変意義深い事だと感じております。

ご存知の通り、大阪はモラロジーの学祖・廣池千九郎博士が昭和6年にモラロジーの第一声を上げられた歴史的な場所で、さらに廣池博士が大正時代にご講演された大阪市中央公会堂が今回の会場であったという点、まさに道経一体の教えを学ぶ我々互敬塾生にとって心に残る大会になったのではないでしょうか。

大会の内容も充実し、カトープレジャーグループ加藤CEOの革新的なご講演に皆様が感動され、初めての試みである互敬塾アワードでは各支部のご努力に敬意を表し、そして夜景の見える会場での大交流会…。大交流会では仲間たちや先輩方と飲食を共にしながら、本質的な学びを通して新たな繋がりを作っていく。明るく楽しい雰囲気の中に本質がある。まさに『互敬塾の醍醐味』を体感する場となりました。これは必ず一生の宝物になります。

今回の互敬塾全国大会は今後の互敬塾全国大会のモデルになるものと確信致しました。

最後になりますが、主管支部である大阪互敬塾の皆様、またジャトー(株)の社員の方々には1年以上前から諸準備に取り組んでいただき、そのご努力に敬意を表するとともに、これを契機に大阪互敬塾がますます発展する事を祈念しております。私も陰ながら応援させていただきます。

ご参加の皆様、本当に有難うございました!

コラム

自然からの警告! 危機管理を考える!

昨年暮れに発生した、中国の武漢市からの新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が加速し、世界各地に広がりつつあります。隣国の我が国でも武漢に滞在していた日本人や現地からの旅行者・2次感染者もおり、人口が1,100万人の大都市での発生で、これから先がどのようになるのか予断を許さない状況にあります。幸いにも日本政府の移動禁止措置が取られた武漢からの日本人帰国については、行動が早かったと思っています。 この事を考えた折、武漢市及び中国政府の情報開示に当たって、まさかこんなにまで...続きを読む