一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和2年2月22日~3月2日
22日(土)
23日(日)
24日(月)
25日(火)
26日(水)
27日(木)
28日(金)
29日(土)
1日(日)
2日(月)

新春の集いを開催【福岡支部】

活動報告
令和2年2月10日
福岡支部事務局

令和2年1月8日(水)14:30より福岡市博多区にある博多サンヒルズホテルにおいて、新春の集いを参加者86名にて開催いたしました。

田中英二副代表幹事(㈱富士丸商運代表取締役)による開会あいさつの後、各グループ長に昨年の反省及び新年の抱負を発表していただきました。(福岡支部の会員企業は福岡県及び近隣の県に広く所在しているため、地域ごとに8つのグループに分けています。)

その後、副代表幹事の窪山忠成氏(あらいフードサービス株式会社取締役会長)に90分の経営体験発表をしていただきました。

杉一郎氏(株式会社ダイキョープラザ取締役相談役)が昨年モラロジー研究所から出版された「大きな傘に守られて・小さなスーパーの創業物語」をテキストに、窪山氏ご自身のダイキョープラザ勤務時代の体験を交え、「年の始まりに道経一体を実践された先輩経営者の軌跡を共に学び、心新たに一年のスタートを切りましょう!」と熱く、分かりやすく解説していただきました。

その後の懇親会では和気藹々と親睦を深めました。

今年初めの行事である新春の集いは窪山副代表幹事及び各グループ長の皆様のご尽力により、すばらしい会になりましたことに感謝いたします。

コラム

自然からの警告! 危機管理を考える!

昨年暮れに発生した、中国の武漢市からの新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が加速し、世界各地に広がりつつあります。隣国の我が国でも武漢に滞在していた日本人や現地からの旅行者・2次感染者もおり、人口が1,100万人の大都市での発生で、これから先がどのようになるのか予断を許さない状況にあります。幸いにも日本政府の移動禁止措置が取られた武漢からの日本人帰国については、行動が早かったと思っています。 この事を考えた折、武漢市及び中国政府の情報開示に当たって、まさかこんなにまで...続きを読む