一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

2017年8月24日~9月2日
24日(木)
25日(金)
26日(土)
千葉支部 道経一体経...
27日(日)
28日(月)
29日(火)
京都支部 例会
30日(水)
31日(木)
1日(金)
奈良経済講演会
2日(土)

神奈川支部 6月例会を開催

活動報告
平成29年7月18日
  • 株式会社北島建築設計事務所
北島俊嗣

平成29年6月2日(金)横浜国際ホテルにて、(株)ジュピターコーポレーション副会長・公益財団法人モラロジー研究所社会教育講師、モラロジービジネスインストラクター・学校法人廣池学園監事の濱井利一様をお招きして、「モラロジーの累代教育と会社経営と人材育成」と題してご講演いただきました。
講演は、横浜モラロジー事務所で開催されている落合英隆先生の経営セミナーで教わった「マンダラチャート」表に記載しまとめられた資料に沿って進められました。
①昭和23年に創業した(株)ジュピターコーポレーション経営の理念:戦後日本復興の一助となりたい
②昭和38年に本社ビルを建築したことで創業者がモラロジーと出会うきっかけがあり、その後に変化する経営理念:事業中心から人間中心への経営理念の変化とモラロジー社員教育の実践…最高道徳の格言を毎日朝礼で朗読する(現在でも継続している)
③(株)ジュピターコーポレーションが宇宙航空業界にご縁をいただく機会と心づかい:飛行機部品の輸入と修理を依頼され「お国のため」という心づかいから始まる赤字必至の貿易や技術が、社会の変化によって今では会社の主軸部門事業となり、強みに変化していった経緯(株)ジュピターコーポレーションの社長を務められた濱井講師は、格言の朗読の継続とニューモラルの社内勉強会、社員との1対1の面談等を通して、モラロジーによる社員教育を実践されています。その結果、格言「他人の欠点我これを補充す」の心づかいが浸透し、社員同志がお互い助け合って仕事を進めてくれていることを感じているとお話されました。

コラム

日本道経会理事を拝命して

この度日本道経会の理事並びに滋賀支部代表幹事を拝命させて頂くことになりました。本年76才を迎えましたが、高齢の理事および代表幹事で皆様には申し訳ないと思っておりますが、お役に立てます様に務めてまいりますので宜しく御願い申し上げます。 私がモラロジーの教学と出会いましたのは昭和62年頃だと思います。子供の事、家庭の事、そして何よりの関心事は仕事をどうしていくかでした。 私は13歳の中学生の頃より滋賀県の北部の田舎から叔父のいる彦根の町で育てて頂く事になりました。中学校卒業と...続きを読む