一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

2019年3月22日~31日
22日(金)
23日(土)
24日(日)
25日(月)
26日(火)
27日(水)
28日(木)
29日(金)
京都互敬塾 例会
30日(土)
31日(日)

道経一体経営セミナーを開催《佐賀支部》

活動報告
平成31年3月10日
  • 事務局長
中山 晴義

平成31年2月16日(土)アパホテル佐賀駅南口にてモラロジー研究所・企業センター長の永冶達彦氏をお迎えして、道経一体経営セミナーを開催しました。

佐賀支部では、今回が9回目、永冶講師は昨年に引き続き2回目で「徳づくりの経営」をテキストに講演頂きました。

【講演要旨】

部下を持つ上司の悩み 1、叱り方がわからない 2、コミュニケーションがうまくできない 3、やる気にさせられない

ビジネスの基本は信頼関係であり、「噓をつかない」「約束を守る」「できない約束はしない」結局は、リーダー自身の道徳性が問われている。

二宮尊徳…道徳経済一元説「道徳を忘れた経済は罪悪である。しかし、経済を忘れた道徳は寝言である」

渋沢栄一…道徳経済合一説「論語と算盤は、余が商売上の基礎を論語の上に置く信念である」

廣池博士…道徳経済一体論「道徳をもって実生活の基礎となす。経済は道徳の基礎の上に立つものである」

イノベーションによる「創造的破壊」古い経営や商品が淘汰され新たな経済成長が生じる。イノベーションを推し進めるには、品質重視する経営が不可欠。品質重視のキーワード「質を尊び量を次とし労を積み大成す」

競争と共生…同業他社を打ち負かすのではなく顧客や消費者に選ばれ続けること。

「利を射らずして、冨を致すの術を行う。無形の徳を生ず。」利益を直接の目的とせず、顧客づくり、ものづくり、人づくりをしっかり行って結果として利益を得る(儲かる)ことが真の冨であり無形の徳を得ること。

「生射必中」…正しく射れば必ず利益の的に当たる。

「儲ける」…金儲けのこと。

「儲かる」…良い仕事をしお客様から評価され結果として儲かる。

「開運の経営」…徳を積み儲かる運命をつくること。

「出す」利益から「出る」利益へ…無理矢理「出す」利益には不正が伴うので、健全な経営体質にして自然に「出る」利益へ

利益が自然に「出る」状態に事業を持続的に最適化していくことが道経一体を目指す経営者の役割。

セミナー終了後、永冶講師を囲んで懇親会を行い和やかな中、次回出講のお願いをして終了いたしました。

コラム

支部事務局紹介

三 重 支 部 三重支部は会員企業17社の小さな支部ですが、年に一度の経済講演会をはじめ、テキスト『徳づくりの経営』を使用しての勉強会や各地区担当が主催する例会、また愛知・岐阜・三重の3支部合同による事業なども行っております。 私は大学卒業後、中堅ゼネコンでサラリーマンとして働いた後、祖父、父と続いた家業を継ぎました。結婚間もない頃、工事作業中の注意で高所から転落し大怪我を負ったのが始まりで思いもよらぬ出来事が次から次へと起こりました。また、採用しても定着しない社員による...続きを読む