一般社団法人 日本道経会

活動報告(互敬塾)

奈良互敬塾 3月例会を開催

活動報告(互敬塾)
平成31年4月10日
  • 佐藤薬品工業株式会社
前田 晋也

平成31年3月15日(金)17:20より、DAIWA ROYAL HOTEL THE KASHIHARAにて“鈴木まり子ファシリテーター事務所”代表であり、浜松東モラロジー事務所登録維持員の鈴木まり子講師にお越し頂き、3月例会を開催致しました。

講義はテキスト『ファシリテーションのすすめ』とパワーポイントのスライドを使って解説頂く座学型と、ワークを用いた体験型を織り交ぜた講義で、非常に分かり安い内容であるとともに、自分の日常に於ける会議に置き換えたときのギャップに“気付き”を沢山得ることが出来ました。

まず、会議の主役は進行役ではなく参加者たちであり、参加者自身が決める事により、他人事から自分事になると云うこと。ファシリテーターは必ずしも進行役であるとは限らない。良い参加者になることも重要なことであると云うことなどを学ぶことができました。

また、会議に於いては、意見交換から生まれる成果物も勿論大切ではあるが、会議終了後の参加者の状態がどうなっているのかと云うことが何より重要である。いくら答えを出せたとしても、参加者が益々やる気になっていなければ意味がなくなると云うことに気づかされました。その他にも、会議を進める上で様々なスキルがあることをご紹介いただきましたので、日常の仕事の中で活用しない手はないと強く想いました。

講義後の懇親会では、鈴木まり子講師にもご参加頂き、テーブルを囲んでお食事を頂きながら、ざっくばらんに歓談させて頂きました。講義での気づきだけでなく、女性と男性の思考や、話の組み立て方が大きく違うなど、日常を題材に途切れることなく会話が続いておりました。

今回は時間が無い中、新たな試みとして奈良県モラロジー協議会にご協力頂き、コアリーダー、青年クラブと協同開催をさせて頂きました。県内の他の青年団体とのコミュニケーションとコラボレーションを図る意味でも良かったと思います。次年度は計画性をもって開催させて頂こうと思います!

有意義で楽しく、驚く程に時間の流れを早く感じることが出来きた例会となりました。