一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

2017年10月18日~27日
18日(水)
東京支部 10月講演...
19日(木)
20日(金)
21日(土)
22日(日)
23日(月)
24日(火)
25日(水)
26日(木)
27日(金)

平成29年度助成制度のご案内

ご案内
2017年10月02日
  • 一般社団法人日本道経会 会長
田原 道夫

一般社団法人日本道経会は平成27年度より「道徳経済一体〈道経一体〉事業」に対して、助成金を支出することになりました。

その趣旨や詳細はリンク先の「助成のご案内」および「募集要項」をご覧下さい。
申し込みの締め切りは本年12月31日です。

多数のみなさまの応募や推薦をお待ちします。

講演例会を開催

活動報告
平成29年10月10日
  • 誠後商事株式会社
後川秀樹

平成29年9月11日(月)18時より、天王寺都ホテルに於いてアパルトマンエージェント株式会社取締役の徳千代和也氏をお迎えし「業界で一番!仕事もプライベートも充実している会社を目指して」というテーマで9月例会を開催しました。参加者は43名でした。
徳千代氏は大学卒業後大手家具メーカーに就職。自分と会社のお客様に売ろうとしている商品のギャップに悩んでいたところ引越しのときにお世話になったのがきっかけで不動産業界に転職されました。

【講演要旨】
●弊社の経営理念
「世の中に驚きと感動を与え、人々を幸せにしていくことを通じて自らを成長させ、私たちを支えてくれる全ての人と共に幸せになる」
不動産業界であるがあえて経営理念に「住まい」「くらし」という言葉を入れず、住まいに関する事以外でのお客様の悩みにも「専門外なので」と逃げず、お客様にはお節介であれとする社長の想いを反映しています。

●経営変革
第二創業期以降、グループ経営の転換により売上・社員数共に急拡大。しかし社員が沢山辞める事態が発生し、これではいけないと感じた。

●人財戦略
5年後10年後の組織を考え改めて人の定着が大事だと確認し①残業時間の圧縮、②休日の増加、③評価制度の刷新、を社員と約束し労働環境の改善に本気で取り組むようになる。

●価値観と教育
全ての計画を成功させる為にまず始めたことは「自分主体」で行ってもらう意識改革。
経営目標と個人目標が合わさった部分が大きければ大きいほど日々のやりがいに繋がり、自主性が生まれ大きな成果に繋がる。社
員の自分が将来どうなりたいか、どうありたいかを引き出す。過去と性格は変えられなくてもこれからの「行動」は変えることができる。社員の拠り所となる「価値観」を浸透させることの大切さ。課題に対して「無理だ、出来ない」は自分が無能だと言っているようなもの。

目標達成や課題に対して自分で解決できるような人財の育成、若手のリーダー・マネージャー抜擢などを図り、全体の底上げを行う。
月一回の面談、会社が費用負担しての各部署での飲み会、部署経営計画合宿やボランティアへの積極的参加などを行っておられます。

●感想
講義を聞かせていただき改めて人を育てることの難しさを感じると共に、真剣に奮闘努力されている徳千代氏に感銘いたしました。
 

コラム

京都支部代表幹事を拝命して

京都支部前代表幹事の川勝康行氏の後任として、今年度より代表幹事を務めさせていただくこととなりました。まだまだ浅学非才ではありますが、ご先輩、仲間、後輩の皆様に助けられながら、自身の成長とともに道経一体を学ぶ同志づくりを京都に広めたいと思っ ています。 さて、日本道経会発足年の1999年。時を同じくして私はその年6月に急逝した父の後を受け継ぎ、準備も心構えもないまま弊社の3代目社長に就任しました。当時69才の父の後姿は、社業に、地域業界団体に、ロータリークラブに、京都のモラ...続きを読む