一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

2018年2月20日~3月1日
20日(火)
21日(水)
22日(木)
23日(金)
24日(土)
25日(日)
26日(月)
27日(火)
28日(水)
1日(木)

新年例会を開催

活動報告
平成30年2月13日
  • 事務局長
藤岡 庸一

平成30年1月15日(月)、大阪支部1月新年例会が開催され、講師に㈱宇治園会長の中村剛氏、千代田興業㈱社長の瀬田川雅俊氏をお迎えし、ご講演頂きました。

【中村剛氏 講演要旨】
・会社概要【㈱宇治園】
日本茶の茶葉を販売(小売業)している。創業は明治2年(来年創業150年)となる。
産地から茶の見本を借りてきて、それを宇治の問屋に持っていき注文を受けて産地に戻るトンビ(仲買)が始まりであった。三代目社長 重村正明氏は「茶一筋」の精神であった。
・茶一筋から茶一途へ
ペットボトルのお茶等が急速に拡大し、急須で茶を飲む時代ではなくなってきた。
中村剛氏は「茶一筋」から「茶一途」に事業精神を改める事で、お茶を中心とした新しい事業の可能性を見出した。お茶をおいしく「食べる」という観点に立って、阪急三番街にお茶を素材にしたスイーツの店舗展開を始める。また、おしゃれにお茶 を 飲 む をコン セ プトにし た カフェ「BARDTE」を展開する。新たな飲み方の発信として高級店やフォーマルな場でもシャンパン・ワインのように愉しめる「ボトリングティー・ゴッタス」等をグローバル展開し、事業の充実を行った。

・社是
「のどが乾けば水を飲み  心が渇けばお茶を喫む」は心を潤すのはお茶であるという考えである。社是や事業精神をベースに新たな事業を展開されている。

【瀬田川雅俊氏 講演要旨】
・会社概要【千代田興業㈱】
繊維部品産業が創業で65周年を迎えられた。主要なお客様の取扱素材が糸からフィルムに変化し同社も事業を変革していった。現在は、現地法人インドネシアを中心に、韓国、上海とグローバルに展開している。
・付加価値創造企業をキーワードに、お客様の要望に合わせて、「高品質」「高精度」のパイプ(コア)商品などの商品を開発し提供している。
・インドネシアでは20年で従業員の給与が10倍になった。現在はロボットなどの省力機器の受注が増えてきている。当社ではお客様のオーダーメイドで商品を開発している。
・同社は高い技術力を持ち安定した経営基盤を築いているが、未来に向かって商品開発やグローバル展開など常に新しい取組を行っている。
・事業承継
「事業承継は徳の継承にあり」の考えのもと、2018年6月に社長交代予定である。

 

コラム

支部事務局紹介

【東京支部】 東京支部で平成25年度より事務局を務めさせて頂いております、エンゼルフーズ株式会社・社長室長の齊藤英明でございます。 平素は支部活動の運営に格別のご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。 東京支部では、常に新しい刺激と学びを得るため、年間9回の講演会やセミナー、勉強会などを行なっております。 日本道経会としての格式を尊重し、会員ばかりでなく、外部の方を積極的にお誘いできるよう、また参加者の皆様に十分にご満足頂けるよう、講師の人選、会場選びなどには細心...続きを読む