一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

2018年10月21日~30日
21日(日)
22日(月)
23日(火)
東京 企業見学会
24日(水)
25日(木)
神奈川 視察研修旅行
26日(金)
27日(土)
28日(日)
29日(月)
30日(火)

平成30年度助成制度のご案内

ご案内
2018年10月01日
  • 一般社団法人日本道経会 会長
佐藤 進

一般社団法人日本道経会は平成27年度より「道徳経済一体〈道経一体〉事業」に対して、助成金を支出することになりました。

その趣旨や詳細はリンク先の「助成のご案内」および「募集要項」をご覧下さい。
申し込みの締め切りは本年12月31日です。

多数のみなさまの応募や推薦をお待ちします。

9月例会を開催

活動報告
平成30年10月10日
  • 互敬塾副塾長
  • トーホー(株)
濱口 武

平成30 年9月18日(月)、天王寺都ホテルにて「大阪支部9月例会」を開催致しました。講師には、(株)京都プラザホテルズ代表取締役社長の清水幸雄氏にご登壇いただきました。42 名の参加者でした。

清水講師には、『人育ては自分育て』というテーマで、ご自身の体験に基づく講演をしていただきました。

ご尊父が急急逝され突然社長に就任された時のご苦労から、「神様は乗り越えられない壁は与えない」という事を学ばれ、恩寵的試練の大切さを感じたというお話には非常に説得力があり、感銘いたしました。

また、鍍金工場からビジネスホテルへ転業するという一大決心をされた際、お母様だけが背中を押してくれ実行に移せたというお話からは、清水講師がお母様をいかに大切にされているか、という一面も垣間見る事が出来ました。

鍍金工場からビジネスホテルへの大転換、その根底には『三方よし』という考え方も大きく影響したものと思われます。その後のホテル事業のご発展についても学ばせていただき、まさに『道経一体』という理念を体現されていると感じました。

清水講師が長年実行されている、社員の写真と名前を見て「どうぞお幸せに、また立派な人になって下さい」と毎祈る気持ち。また、長年続けていると凄い効果が生まれるというお話には参加者全員が感銘を受け、「明日からすぐでも実行したい」という参加者の意見も上がっておりました。

最後になりますが、私はモラロジーや日本道経会とは無縁の所から清水講師にご縁をいただき、今回こうして講師としてお迎え出来る事に感謝すると同時に、私自身もこういうご縁の大切さを実感する例会となりました。有難うございました。

コラム

支部事務局紹介

三 重 支 部 三重支部は会員企業17社の小さな支部ですが、年に一度の経済講演会をはじめ、テキスト『徳づくりの経営』を使用しての勉強会や各地区担当が主催する例会、また愛知・岐阜・三重の3支部合同による事業なども行っております。 私は大学卒業後、中堅ゼネコンでサラリーマンとして働いた後、祖父、父と続いた家業を継ぎました。結婚間もない頃、工事作業中の注意で高所から転落し大怪我を負ったのが始まりで思いもよらぬ出来事が次から次へと起こりました。また、採用しても定着しない社員による...続きを読む