一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和4年6月30日~7月9日
30日(木)
1日(金)
2日(土)
3日(日)
4日(月)
5日(火)
6日(水)
7日(木)
8日(金)
9日(土)

大阪支部総会・互敬塾総会

活動報告
令和4年5月17日
  • 事務局長
藤岡 庸一

令和4年4月25日(日)に支部総会・互敬塾総会を開催しました。

昨年・一昨年と新型コロナ感染の影響で書面総会に切り替えましたので、3年ぶりの開催となりました。直前まで開催を危惧しておりましたが、予定通り開催出来ました。

出席者は会場出席者17名、委任状出席者33名の合計50名で行いました。その他に互敬塾生等9名が加わり総勢33名の出席者でした。

令和4年度事業計画・収支予算の承認と、役員交代時期に当たりましたので新代表幹事の田口英樹氏を始め新役員の選出を行い、無事に終了いたしました。

記念講演として法相宗大本山薬師寺長老の山田法胤師をお迎えしました。テーマとして『少欲知足の生き方』として法話を頂きました。

神話の世界から仏教伝来のお話し、宗教と人とのかかわり等のお話しでした。住職をされておられる喜光寺を建てられた行基菩薩のお話し、菅原道真公のなどゆかりの人物などのお話などをお伝えくださいました。時々に世界情勢や新型コロナ感染の話題も交え参加者にわかり易く説明頂きました。

懇親会はコロナ感染防止に配慮しつつも、久しぶりに卓を囲み和やかな雰囲気のうちに進みました。皆さんのお顔がほころんでいるのを久方ぶりに拝見し、総会が開催できたこと本当に良かったと実感しました。

コラム

神奈川支部代表幹事を拝命して

日本道経会神奈川支部前代表幹事の齊木貴氏の後任として令和4年4月より代表幹事を拝命いたしました齋藤正一と申します。 新型コロナウイルスの流行により、昨年度もまた、日本道経会の活動は神奈川支部も思うように事業ができずに新年度を迎えることになりました。会員同士が集う例会も、企画しては中止を繰り返すばかりのここ2年間だったような気がします。 そのような中、先日の4月27日には新年度の総会はリアルで開催をすることが叶い、会員同士の元気な顔を確認しながらの新年度のスタートと...続きを読む