一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和4年8月12日~21日
12日(金)
13日(土)
14日(日)
15日(月)
16日(火)
17日(水)
18日(木)
19日(金)
20日(土)
21日(日)

長崎支部6月例会

活動報告
令和4年7月19日
  • 長崎支部 広報委員長
原 拓也

令和4年6月16日(木)に㈱プロアシスト代表取締役・関西経済同友会代表幹事の生駒京子氏をお迎えし、ご講演いただきました。

【講演要旨】

テーマ『29年目のプロアシスト+関西の未来』

「就職しようと書いた履歴書は1枚でしたが、こんな会社があったらいいなと書いたら20枚書けたので会社を作ることにしました」生駒京子さんは、1994年に課題解決の会社プロアシストを創業します。

できない理由は設計図になる、仕事はもらうのではなく作りだすもの、と新しいことにチャレンジし、品質に徹底的にこだわり、ダイバーシティを重視し世界一の中小企業を目指します。

リーダーシップの考え方としては、「人材の多様性を生かす」「風通しの良い組織風土の醸成」「公正であること(フェア)」が目に見えること、「個人の多様な価値観の受容」「経営者が強い志を持ち、自ら実践する」を挙げます。

トップがビジョンを明確にして、社員全員で共有し、社員は組織の中での自分の位置づけと組織から期待されているものを理解し、商品に自分の満足、さらにお客様の満足を足すために全力で尽くす姿に、『会社は人生』という言葉がよく表れています。出産した人が100%戻るのは、周りの人へ次はあなたたちの番ですよという努めを果たすよう育てているから、との象徴的なお話もありました。

100年200年存続するための、従業員やお客様に対する義務と責任を果たし、安心して仕事ができる環境作りの姿を示していただきました。

また、関西経済界の第一人者として、大阪の未来を語ると同時に長崎の未来へのエールをいただきました。私たちも地方から世界に誇る企業の姿を発信していきましょう。

コラム

(一社)日本道経会 副会長を拝命して

今年度から副会長を仰せつかりました。微力ではありますが佐藤進会長を支え、また担当役員として、モラロジー道徳教育財団と麗澤大学との連携を『三方よし』をテーマに計画して参りますので宜しくお願い致します。本題に入る前に、先般感動を覚えたフレーズがあるので紹介します。以前東京支部で講演された田坂広志さんの言葉です。「現在71歳だが3年後の自身の成長が楽しみだ」つまり人生終身成長の姿勢に心打たれた次第です。 未だ終息を見ないコロナ禍においても、業績を伸ばしている会社があります。決...続きを読む