一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和3年5月7日~16日
7日(金)
8日(土)
9日(日)
10日(月)
11日(火)
12日(水)
13日(木)
14日(金)
15日(土)
16日(日)

【石川・富山支部】例会を開催

活動報告
令和3年4月15日
  • 事務局長
井川 徹

令和3年3月15日(月)、ホテル金沢にて 令和2年度第4回目の学習会を19:00~20:30オンライン講議及びディスカッション、20:30~22:00食事会のスケジュールで開催しました。

オンライン講義では「道経一体の自助自立の経営」をタイトルに、モラロジー道徳教育財団(旧 モラロジー研究所)企業センター副センター長の藤井大拙氏に講義いただき、学習会及び食事会あわせて会員10名に参加いただきました。

2月に引き続きZOOMを介してのオンライン講義となりましたが、今年度の締めくくりとして「徳づくりの経営」をテキストに講義いただきました。講義内容は、①今後の経済の動向、経営の潮流から道経一体に基づく経営の必要性、②道経一体経営の8つの実践原理から「自助自立」を取り上げ、経営における自主独立、自己責任の重要性、③真に自助自立であるには、自己の品性が必要であり、それが基となり、④自助自立の具体的精神と実践を通じた自分づくり、人づくりについて、4項目をわかりやすく解説いただきました。

その後、20分ほどのデスカッションを行い最後は藤井講師にまとめていただきました。講師の方とは遠隔ではありますがこちらの会場全体が映るように工夫したり、講師の方には少しでも同じ会場にいるような感じでお話していただけるようにしています。

コロナ禍が終息するまで4月以降も、しばらくこのような形での学習会となりますが、工夫次第ではもっと進化した学習会にしていけると考えております。

コラム

新しい日常の自分(ひと)づくり

令和2年4月に新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、緊急事態宣言が全国的に発令され、国民・企業・事業者に対し感染拡大の防止に向けた行動を強く推進するよう呼びかけられた結果、今までのビジネスの流れが一変いたしました。 ビジネス商談の中心が、ウェブによる活動に移行され戸惑いを覚えている経営者の方々も多いのではないでしょうか。 しかしながら、会議やミーティングの手法が変わるだけで、人と人のつながりや信頼関係に変化があるわけではありません。 最近の電子機器を操作...続きを読む