一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和3年11月27日~12月6日
27日(土)
28日(日)
29日(月)
30日(火)
1日(水)
2日(木)
3日(金)
4日(土)
5日(日)
6日(月)

【奈良支部】10月例会を開催

活動報告
令和3年11月16日
  • 大一薬品株式会社
中林 孝仁

令和3年10月15日(金)、DAIWA ROYAL HOTEL THE KASHIHARAにて奈良支部10月例会を開催致しました。会員スピーチでは副代表幹事の大和中央陸運株式会社 辰巳 貴昭氏が、2代目社長就任時から資金繰り等に困っており、道経一体セミナーへの参加で考え方が変わり、皆様の協力を得ることが出来、苦しい経験があるからこそ今がある、とお話されました。その後、講師に有限会社 木村良三工務店 木村 良平様をお迎えしご講演頂きました。

ご自身の生い立ちから、夜学の為の工務店勤務、21歳で結婚、修行先の社長との出会い、50歳での倒産経験、ご子息と二人での再スタートと波乱万丈のご経験をお話頂きました。

その全ての出会いに原因があり、奇跡のようなことがある。それは思い、願い、犠牲があって、自分が判断をして行動する延長線にあると仰いました。数多くの有名人の家もお建てになっておりますが、家づくりの原点となったのは、親の家を建てられた時、親から毎日の様に家についての連絡があり、お客様の心理が良く分かった。そして、お客様への引渡しの際の喜びや幸せが伝わったときの喜びを感じると話されました。また、道徳心を高める為には、人の悪口を言わない(人間性の向上)→人の良いところが見えてくる(人間関係の向上)→言葉に出す訓練(チームワーク・信頼関係)とご説明頂き、実行することの大切さを認識致しました。最後にお話された「人生最大の目標は奥様を幸せにする事」、「言ってる事よりもやっている事がその人の正体」が心に残り、多くの反省、気づきや学びがあり、大変実りある例会となりました。感謝いたします。

コラム

愛知支部代表幹事を拝命して

この度、令和3年4月より愛知支部代表幹事を拝命しました西村友秀と申します。 若輩者ですがどうぞよろしくお願いいたします。 銀鳥産業株式会社は大正14年1925年創業で、4年後2025年には100周年を迎えさせて頂きます。節目に向けて社内ではビジョン検討会で将来のやりたいこと、やるべきことを討議しています。 当社は、こども向けの文具、教材、知育文具、知育玩具を企画販売するメーカーです。創業以来、一貫して子どもに関する事業を行ってきました。これからも「まなびとあ...続きを読む