一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和4年11月30日~12月9日
30日(水)
1日(木)
2日(金)
3日(土)
4日(日)
5日(月)
6日(火)
7日(水)
8日(木)
9日(金)

千葉支部主催 企業視察

活動報告
令和4年11月17日
  • 千葉互敬塾 米屋株式会社
諸岡 信保

千葉支部では行事の企画運営は委員会制を敷いています。今回の企業視察は交流委員会が担当しました。交流委員会は日本道経会内のみならず、互敬塾との交流事業を担当します。将来的に互敬塾生が日本道経会会員に入会いただく筋道を作れるよう活動しています。

今回の企業視察についてレポートします。令和4年10月8日(土)に八天堂きさらづ様を訪問しました。参加者26名(会員10名、互敬塾9名、同伴者4名、麗澤大学の学生および教員7名、その他3名。※重複での人数計上有)移動中のバス内にて自己紹介を済ませたのち、八天堂森光孝雅社長の講演録画映像を視聴し予習をしました。今回の訪問では八天堂きさらづ専任理事の山下博文様にご説明を頂きました。

八天堂きさらづは社会福祉法人かずさ萬燈会様が運営する就労支援B型施設(軽度障碍者就労認定施設)で八天堂ブランドのくりーむパンを製造しておられます。社会貢献事業ですがビジネスとして成立しており、また2018年広島県三原市の集中豪雨で八天堂様が被災されたときには第2の製造拠点として首都圏への商品供給を行ったとのこと。このようなお話は我々の大好物であるくりーむパンの購買意欲を掻き立てます。参加者全員が八天堂のくりーむパンのファンになった事は言うまでもありません。三方よしの経営実現は最強の経営手法だと感じる事が出来た素晴らしい企業視察となりました。帰りのバスで個々が所感を発表。バス内で参加者全員での懇親会を行いました。普段のメンバーに麗澤大学の学生らが混ざった非常に楽しい懇親会でした。そして、行事・懇親会は対面の方が絶対に良い!と心底感じました。

2023年2月に千葉互敬塾15周年の式典を行います。コロナ禍の活動自粛を脱し、魅力的な事業を数多く運営することを宣言します。新しい仲間(若い方)を増やす事が、互敬塾を含む日本道経会の活性化につながると信じて、今後も事業を企画していく所存です

コラム

(一社)日本道経会 理事を拝命して

2022年度から日本道経会の理事を仰せつかりました近藤明人と申します。甚だ微力ではありますが、佐藤進会長、森光孝雅副会長の方針のもとに麗澤大学とモラロジー道徳教育財団及び日本道経会との連携が、より深化するよう尽力させていただきますのでよろしくお願い致します。 現在、麗澤大学では、2024年4月の経営学部新設へ向けて以下の取組みを行っています。 ①ファミリービジネス専攻の新設 麗澤大学は、日本で初めてのファミリービジネス専攻をつくります。この専攻は、ファミリービジ...続きを読む