一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和6年7月14日~23日
14日(日)
15日(月)
16日(火)
17日(水)
18日(木)
19日(金)
20日(土)
21日(日)
22日(月)
23日(火)

神奈川支部 通常総会

活動報告
令和6年6月17日
  • 事務局長
北島 俊嗣

2024年4月22日(月)17時30分よりホテル・ザ・ノット・ヨコハマにて神奈川支部通常総会が開催されました。会員総数35名のうち32名(うち委任状出席4名を含む)の会員数過半数を超える出席を頂きました。

総会は佐谷欣一副代表幹事の司会進行で、議案審議は議長に齋藤正一代表幹事が選出されて進められました。前年度の事業と決算の報告、本年度の幹事役員構成、本年度の事業と予算について、審議をいただき有り難く全ての議案が承認されました。

本年度の事業は昨年度事業方針の継続として「道経一体思想」を確実により深く学ぶ方針とし、各例会においてこの方針に添ってご講演をいただくこととし、中でも11月に谷川記念館で「道経一体経営セミナー」の開催を予定をしています。また一緒に学ぶ会員仲間の増員も引き続き進める方針で、互敬塾の塾生増員を皆で広く募る方針としています。

記念講演は公益財団法人モラロジー道徳教育財団 出版部 部長 富田裕之 講師をお招きして「心なんて高めたって1円にもならない説は本当なのか?」というタイトルで『経営になぜ道徳が必要なのか?』をご自身が出版部において取材をされた際に得た体験や、「経済的成功の延長線上に幸福があるとは限らない」ことを説かれ、自分(社長)自身が社員にそして社会にどのように貢献できるか?の姿勢を取れるか?が課題となること、そして眼前に与えられたモノに感謝するだけでなく普段は気付かなくとも実は有難く掛け替えのないコトに感謝できる心遣いを大事にしていきたいメッセージをいただきました。

コラム

道経一体経営の取り組み

神奈川支部の代表幹事を拝命して1期2年が過ぎ、先日4月22日の支部総会で承認を得て、代表幹事として2期目に突入しました。歴代の代表幹事の先輩方よりバトンを引継ぎ、支部の活動をより良くしていこうと、幹事をはじめ、会員の皆様との試行錯誤の日々は時に苦しいながらも、それが結果に結びついた時には何物にも代え難い充実感と達成感を与えてくれます。 神奈川支部は(公財)モラロジー道徳教育財団の維持員加入率は低く、今後の課題として取り組んできましたが、2年前、思い切って畑毛記念館をお借...続きを読む