一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和3年9月20日~29日
20日(月)
21日(火)
22日(水)
23日(木)
24日(金)
25日(土)
26日(日)
27日(月)
28日(火)
29日(水)

【大阪支部】全国ライブ配信セミナーを開催

活動報告
令和3年8月16日
  • 大阪互敬塾支部支部長
岩橋 栄太郎

令和3年7月16日(金)、大阪互敬塾が担当して、初の試みとして親会の例会を併設して「全国ライブ配信セミナー」を株式会社ジャトー様の研修室にて開催いたしました。

講師に、大阪支部会員で、本年6月に「関西経済同友会」の代表幹事に就任されました、株式会社プロアシスト代表取締役の生駒京子氏をお招きいたしました。

専業主婦からお一人で起業され、国籍も性別も関係なく幅広い人材を採用し、現在では約240名にまで成長された事業の軌跡を熱く講演いただきました。

経営理念の一番上に「個人の尊重」を掲げられています。スタッフ一人一人が活き活きと働ける環境づくりを本気で全員で考え抜き、実践されています。

コロナ禍で「今、何をすべきか?」「会社の存在意義は?」「なぜ、働くのか?」などのような基本的な問いかけに多くの企業が向き合っていると思いますが、ご講演のなかにその「答え」があるようにも感じました。そして、内容はもちろん・・・とにかく、パワーやバイタリティーに圧倒されっぱなし、熱い、熱すぎる…。あまりの熱量に、質疑応答の時間では「そのパワーの源はいったい?」とありました。即答で「このような私に生んでくれた両親に感謝」と…。この言葉から「世界一の中小企業を目指す」「大家族経営」は間違いなく達成されることだろうと確信いたしました。

また「おてらおやつクラブ」代表の奈良県安養寺の松島住職よりお話しがありました。お寺の「お供え」を仏さまからの「お下がり」として頂戴し、経済的に困難な状況にある子供たちへ「おすそわけ」する活動で、こどもの貧困問題の解決を目指されています。

今、SDGs「誰一人取り残さない持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標」というのを耳にする機会が増えています。ただ、どうでしょう?言葉だけが、ひとり歩きしているようにも感じます。

今回のセミナーの講演内容から心を動かされたのは「継続」ではないでしょうか。生駒講師も松島住職も大きな志をもって真摯に向き合い、立ち止まることなく継続して実際に行動へ移されています。

「良いお話やったなぁ」などと言って今回のセミナーが終わっていては、世の中は…そして、会社は何も変わりません。セミナー内容を自社の経営に落とし込んで何かひとつでも実際に行動に移し、少しでも世の中がよりよい社会になることを祈念して私の活動内容報告といたします。

追記 「うーん、負けてられへん…」と刺激をいただきました私自身の活動報告は、9月24日(金)に開催される互敬塾全国大会にて発表させていただきます。

コラム

千葉支部代表幹事を拝命して

令和3年度より千葉支部代表幹事を拝命いたしましたフーサワ商事株式会社の風澤俊一と申します。年齢は45歳。まだまだ互敬塾世代の若輩代表幹事ですが、諸先輩方の支えにより現在まで約半年間ですが務めさせて戴いております。 弊社は千葉県柏市で来年2022年4月19日に設立50年、創業110年を迎える不動産業を営んでおり、「地域密着型」不動産会社として住宅・ビル・駐車場等の管理や賃貸仲介、土地・建物等の売買仲介を行っております。また、弟の俊之も父より受け継いだ飲食業を経営しており、...続きを読む