一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和4年11月30日~12月9日
30日(水)
1日(木)
2日(金)
3日(土)
4日(日)
5日(月)
6日(火)
7日(水)
8日(木)
9日(金)

奈良支部 経済講演会

活動報告
令和4年10月24日
  • 宮原電気株式会社
宮原 克尚

令和4年9月9日(金)16時30分より、ホテル日航奈良において奈良商工会議所、奈良新聞社の後援をいただき2022年度経済講演会を開催しました。セミナーに先立ち誓いの言葉を唱和し、開会挨拶を油谷謙之代表幹事より陳べました。今回の講演会は、メディア等で著名な作家・評論家の石 平氏に講演をお願いしました。

「中国の経済政治情勢と新しい冷戦の展開」を演題に、次の内容で講演をしていただきました。

(1)最近の中国国内の経済・政治情勢

  • 90年代不動産投資バブル期の過剰な住宅建設により、かなりの数の住宅が余り「支柱産業(当時GDPの14%)であった不動産投資が大幅に減り、中国経済が傾いた。
  • 2015年までの「ひとりっ子政策」は廃止されたが、今でも新生児数は激減している。今後は人口減少、高齢化が急激に進む、など中国の経済成長のピークは完全に過ぎたことをお話されました。

(2)中国包囲網の形成と新冷戦構造の形成

  • QUADなどインド太平洋で出来上がる中国への包囲網、対しウクライナ戦争に同調した中国からの排他的水域越え等の対日圧力
  • 「台湾有事」の危険性と日本への影響など、米中新冷戦の元で日本は中国とどのような関係を取るのか、今後究極な選択を迫られる内容でした。

講演後には数名の方からの質疑があり、石 平氏には丁寧に回答をしていただきました。

コロナ感染状況を鑑み懇親会は中止となりましたが、会員を含め各方面からのご出席誠にありがとうございました。(出席者:53名)

コラム

(一社)日本道経会 理事を拝命して

2022年度から日本道経会の理事を仰せつかりました近藤明人と申します。甚だ微力ではありますが、佐藤進会長、森光孝雅副会長の方針のもとに麗澤大学とモラロジー道徳教育財団及び日本道経会との連携が、より深化するよう尽力させていただきますのでよろしくお願い致します。 現在、麗澤大学では、2024年4月の経営学部新設へ向けて以下の取組みを行っています。 ①ファミリービジネス専攻の新設 麗澤大学は、日本で初めてのファミリービジネス専攻をつくります。この専攻は、ファミリービジ...続きを読む