一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和4年11月30日~12月9日
30日(水)
1日(木)
2日(金)
3日(土)
4日(日)
5日(月)
6日(火)
7日(水)
8日(木)
9日(金)

滋賀支部 視察研修旅行

活動報告
令和4年11月17日
  • 滋賀支部 研修部会長
武田 正大

10月23日(日)~24日(月)に1泊2日で滋賀支部の「視察研修旅行」を実施致しました。

先ず初日に、福岡市の「㈱ダイキョープラザ様」を訪問させて頂きました。始めにスーパーの店内で見学をさせて頂いた後、「代表取締役社長 杉慎一郎様」のお話を聞かせて頂きました。父親から継承されてから売り上げの減少、店舗閉鎖等を経験され、また大手スーパーとの熾烈な競争の中で、いかにしてローカルスーパーが生き残って行けるのかという視点から産み出された経営哲学についてお聞かせ頂きました。仕入れて売るだけではなく、「お惣菜の内製化」や、他店にはない「スパイス」の充実を図る等、従業員の雇用と生活を守る為にあらゆる創意工夫を社員全員で考え創り上げていくという取り組みについて学ばせて頂きました。

2日目に、久留米市の「㈱丸信様」を訪問させて頂きました。先ずは工場見学をさせて頂き、その後、「代表取締役 平木洋二様」よりお話を聞かせて頂きました。食品業界の課題解決をトータルでサポートする取り組みとして、「不」を知るお客様研修や、「ビジネスマッチングサイト」の立ち上げ、「HACCP」導入支援等あらゆる面でお客様へのお役立ちに努めておられる企業の取組について学ばせて頂きました。また、「委員会制度」や「5%ルール」、「気づき提案制度」等、ユニークな独自制度を採り入れ、社長のトップダウンではなく、従業員が自ら考え行動する取り組みについてもご紹介を頂きました。更には「企業主導型保育事業」をスタートされ、「病児保育」も取り入れられ直面する貧困問題にも積極的に取り組まれる姿勢には敬服致しました。

2日間にわたり、「道経一体の経営」をされる2社を訪問させて頂き、学び多き研修を実施することが出来ました。改めまして、「㈱ダイキョープラザ様」、「㈱丸信様」には、お忙しい中、滋賀支部の研修にお時間を割いて頂きましたことに感謝申し上げます。

コラム

(一社)日本道経会 理事を拝命して

2022年度から日本道経会の理事を仰せつかりました近藤明人と申します。甚だ微力ではありますが、佐藤進会長、森光孝雅副会長の方針のもとに麗澤大学とモラロジー道徳教育財団及び日本道経会との連携が、より深化するよう尽力させていただきますのでよろしくお願い致します。 現在、麗澤大学では、2024年4月の経営学部新設へ向けて以下の取組みを行っています。 ①ファミリービジネス専攻の新設 麗澤大学は、日本で初めてのファミリービジネス専攻をつくります。この専攻は、ファミリービジ...続きを読む