一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和6年4月14日~23日
14日(日)
15日(月)
16日(火)
17日(水)
18日(木)
19日(金)
20日(土)
21日(日)
22日(月)
23日(火)

島根支部 10月度企業視察研修会

活動報告
令和6年2月19日
  • 代表幹事
田中 正彦

令和5年10月16日(月)~18日(水)に東北・岩手県の株式会社小松製菓様を訪問させて頂きました。

岩手の北部、目の前が青森という県境近く。二戸市の本社へ訪問。まず驚いたのは本社周辺が「南部煎餅の里」を作り、創業者「小松シキ記念館」を中心に工場・ショップ・歴史館、更に来場者と祈りを共にする光輪聖観世音菩薩を建立されていること。小松シキさんの創業の苦難の道や割れ煎餅を提案しヒット商品としたドラマ等。

小松製菓の魂、シキさんの「家運を立て替えること」を始めとする凄まじいほどの熱量による私的なる「マグマ」を感じた上に、商品である「南部煎餅」の「形に拘り続ける」という姿から「割れた南部煎餅・割れ煎餅」を作ってしまったという度肝を抜いたような経緯は私たちにとって超インパクトを頂き、学ばせて頂きました

大切に守る物は守り、そして新たなものを作る柔軟性と熱意を大いに学びました。

日本道経会島根支部全員には素晴らしい感動・感激そして学びの視察研修でした。

小松豊社長様をはじめ皆々様に心から感謝とお礼を申し上げます。

コラム

創業70周年に思う

弊社は、昭和28年9月に、西都市の手漉き和紙製造業の山﨑製紙株式会社から、二男であった父(故人)が製販分離のもとに、宮崎市で山﨑紙店を創業いたしました。当時は、父と母と中学卒業の従業員の三人でのスタートでした。 新天地での知り合いの居なかったそのころ、何かのご縁でモラロジーとの出会いがあり、三人は道徳をよく学んでいました。私も子供ながらに、その会合に連れていかれたことを記憶しています。 創業35年に、私が社長を引き継いだ時に、社訓に加えて、「一.信用第一、一.誠心...続きを読む