一般社団法人 日本道経会

一般社団法人 日本道経会

日本道経会は、「道徳経済一体」の理念に基づき、産業人教育の推進ならびに繁栄と永続の企業の創造につとめ、 経済倫理の確立および経済界の安定的発展に寄与し、地球市民の一員として社会に貢献することを目的としています。

活動予定

令和4年1月18日~27日
18日(火)
19日(水)
20日(木)
21日(金)
22日(土)
23日(日)
24日(月)
25日(火)
26日(水)
27日(木)

人づくり経営を推進しよう

巻頭言
令和4年1月17日
  • 一般社団法人日本道経会 会長
佐藤 進

日本道経会の会員のみなさま、あけましておめでとうございます。

昨年の10月に衆議院議員選挙が行われ、自由民主党と公明党の連合政権が、過半数以上を獲得、岸田内閣が発足し、スタートしました。

新型コロナウィルスの感染数も、日本国内では下降をたどって小康状態となっていますが、世界に目を向けますと、新型ウィルスの発生で感染は下がるどころか、まだまだ予断を許さない状態であります。

引き続き感染予防策を立てながら、経済、消費の立て直しを計って行かないといけない時になっております。

ワクチンの3回目の接種も動き出し、近い時期には内服治療薬も出てくる時期になり落ち着きが取れるように願う今日この頃であります。1日も早い治療薬が出てきて小康状態(かぜインフルエンザと同じような対応でいけるように)になって、経済、消費、人の行き来が以前のように戻ることを願うばかりです。

経済に目を向けますと、コロナウィルスの影響も有ってなかなか国家間の行き来もままならず、復活までは見通しが立たない状況であります。

昨年は、オリンピック、パラリンピックが1年遅れで開催され、日本の活躍が目を引いた大会でありました。

3年後に大阪万博が開催されます。米中の経済問題、外交問題で日本は非常に難しい時期に入ったように思います。 世界平和の実現と経済回復を願うばかりです。

私は、日本道経会の会長をお受けして、3年半が過ぎようとしています。一昨年の3月より、新型コロナウィルスの感染拡大により、リアルな活動ができにくくなりWEBでの活動になって来ました。会員数の方も、ピーク850名の会員を要しておりましたが、現在(11/22)は772名、互敬塾512名となっております。

継続して、会員増強に向かって努力頂きますようにお願いします。

又、「道経一体経営」を学び実践し実行していくことにより永続する企業になり、日本道経会の見本企業となって頂きたいと考えます。

十川照延初代会長が奈良に来られるたびによく言われました「佐藤君、道経一体経営による人づくりを行って、日本道経会の見本企業になってや、そして社会にPR出来る企業になってや」と何度も繰り返し言われました。「道経一体経営思想」による経営を目指して日々、精進しております。

永続し発展する企業、人づくりの出来る企業を目指し前進して参りましょう。

そして社会から認知され、認められる団体を目指したいと考えます。

今年も会員の皆様のご協力とご支援の程よろしくお願いします。

コラム

人づくり経営を推進しよう

日本道経会の会員のみなさま、あけましておめでとうございます。 昨年の10月に衆議院議員選挙が行われ、自由民主党と公明党の連合政権が、過半数以上を獲得、岸田内閣が発足し、スタートしました。 新型コロナウィルスの感染数も、日本国内では下降をたどって小康状態となっていますが、世界に目を向けますと、新型ウィルスの発生で感染は下がるどころか、まだまだ予断を許さない状態であります。 引き続き感染予防策を立てながら、経済、消費の立て直しを計って行かないといけない時になって...続きを読む